退化していません?

子供の頃からの楽しみのひとつが、茶道です。


茶道の心は、自然療法に通じるものがすごくあると実感しています。
笹塚自然療法室の佐藤友子です。


先日、お茶の先生のお宅で、『口切りの茶事』がありました。
新茶をお披露目するお茶会ですね。

そのときお床に、秋を詠った書のお軸が飾られていました。


『竜田山~』

が。達筆過ぎて、英語より解読不可能。
読み下して頂いて、ようやく何が書かれているかがわかりましたが、
それでもおそらくこの歌の奥に込められた重なり合う意味を、
十分に理解することはできなかったと思います。

昔の人は、自然を愛でて感じたものを、
こんな美しい言葉と文字で
さらさらと表現してしまう能力があったわけです。

b0275590_23444236.jpg



薬を出さない小児科の真弓先生は、

『人間は赤ちゃんのときが一番能力が高いんですよ』

といつもおっしゃいます。



お茶会の後、夜はルーマニアックつながりの
Mさんのお宅にお呼ばれしました。

Mさんのルーマニアの農村の生活を紹介する写真集はほんとにすばらしいです。
この話しはまたいつか。


そこにいらしていた方たちとの話しで、
子供の想像力の可能性をどう育んでいくか
というような議論になったのですが、

PCソフトをより楽しく想像力を駆使して利用する方法を
現場で子供たちに教えている若者と、

かたやPCという限定されたツールを与えることで、
子供の無限な可能性を閉じ込めてしまわないかと
危惧する出版社のおじさま。

それぞれの熱い思いを感じました。


その議論の折に思い出したのが、
最初に述べたお軸のことでした。


現代の生活において、PCやネットは欠かすことができない手段です。
こうして私がブログを発信できるのも、こうしたツールのなせる技。
それによって広がる世界もあるわけです。


一方で、こうしたツールを使うことで、
私の読み書き能力は圧倒的に低下したようにも思われます。


PCを知らなければ、お軸の和歌を読みこなし、
秋の風景を感じながら、筆を持ってさらさらと、
その気持ちを歌に託して綴ることができたかもしれない。


文明は進化しても、その恩恵にあずかり過ぎて、
個人的には退化している気がしています。


PCを否定するつもりはなく、
いまさらなかった時代に引き返そうとは思いませんが、
そうしたツールを子供に与えるタイミングは、
重要な気がします。

電磁波の問題も、気になるところです。


心身ともに豊かに生きる能力を養うために、
子供のときは、子供が本来持っているはずの
大人の常識を超える秘めた力を、
育んでやれる環境を与えてあげる、

というよりむしろ、余計なことはせずに
見守ってあげられるといいのかも、と感じました。


たとえばメールやHP、ブログの印象と、
実際に本人に会ったり、実物の作品を見たときの印象が
かなり違うことはしばしば。

こうした手段だからこそ伝えられるものもありますが、
もちろん限界もあります。



色あせた紙切れに、
踊るようにしたためられた墨汁の跡。

そこには、時空を超えた広がりのある、
彩り豊かな世界が存在している。


本当は、誰にでもできるはず。

いつのまにか、自分で枠を作ってしまって、
今ではそこからどうやったら抜け出せるものか。


ところどころに残された、
パンのかけらを辿るような調子です。



自分でも記憶がぼんやりしていますが、
小学校の2~3年生のときに、
お茶をやりたいと言い出したそうです。


お茶の先生は、母の古い友人ですが、
子供の頃から母に連れられよく遊び行きました。

親が話しをしている間の暇つぶしに、
茶道具の織物や袱紗の本を読み耽り、
いつの間にか、今となっては読めないような、
織地の文様の名前をそらんじていました。


『お茶を習いたい』と申し出たものの、
高価な茶道具を扱うには幼い手は小さすぎ。

『10歳になったらね』とはぐらかしていたそうです。


ところが。
子供の記憶力と執念はあなどれません。


10歳の誕生日を迎えると、
『10歳になったよ!』
とお茶の先生のところにおしかけて行ったとか。


こうした事始めはあまり記憶にないのですが、
先生と二人、薄暗い茶室で過ごした楽しい時間は、
ところどころ記憶にあります。



今の自分からは思いもつかないような、
大人の想像を覆すほどの記憶力や興味の広がり、
恐れを知らぬ行動力や創造力が、
あの頃の私にはあったようです。


自分ですら忘れているくらい。笑


誰しも忘れているだけで、本当はそんな豊かな可能性を秘めた存在なのですね。

心や身体のことも同じこと。
もともとは、柔軟性のある心と身体を持っていたはず。
それが生きていく中で、いろいろな抑圧を受けたり、
歪みが生じて、滞り、硬くなり、弱っていってしまう。

本来の自分を思い出す。
それを助けてくれるのが自然療法です。

レメディ摂ると、我慢していたこと、本当にやりたかったことを思い出したり、
クラニオ受けると、身体の滞りがほどけてきたり・・・

人が変化していく姿を目の当たりにすると、本当に感動します。
[PR]
by sato425 | 2012-11-20 23:20 | 思うところ
<< 上手な風邪のひきかたとは? 雨の日はどんなふうに過ごしますか? >>