こんな呼吸法はいかがでしょう?

学生時代から合氣道を続けています。
合氣道をしていたからこそ、自然療法の考え方がすっと入ってきたのだと思います。
笹塚自然療法室の佐藤友子です。


毎年1月の後半に、私の通う合氣道の道場で『大寒呼吸の行』というのがあります。
1週間、早朝または夜に1時間ほど道場で正座して呼吸法をするのです。

私はここ数年、いろんなイメージで呼吸法を試しています。
今年は、植物のような気持ちでやってみました。
b0275590_19591563.jpg


地面から水分やミネラルを吸い上げて、太陽の光を浴びて、枝葉を伸ばして花を咲かせる。

いろいろな野菜や木や花をイメージする。

高山や砂漠や畑や森、ジャングルなど、世界中のいろいろな大地を想像する。

時には深く、時には横にひろがって、毛細血管のように細い根のひげを存分に広げていく。

すごく気持ちがいい。

どんどん距離を伸ばして行って、最後は地球の中心の鉱物やマグマとながり、宇宙までつながっていく。



足が痛くてつらいという方が花屋さんだったので、植物だとイメージしやすいのではと思いそれをアドバイスしたら、足のことにあまりとらわれずに気持ちよくできたとおっしゃっていました。


呼吸法もいろいろ変えて試してみると、結構おもしろいですよ。

終わったあとはまるで風呂上がりみたいな気持ちよさ!

呼吸とともに全身の細胞が浄化されたように活性化するのを体感すると、
常に無意識にしていることではありますが、
それゆえ本当に呼吸って生きていく上で大切なんだなあと感じます。


特に朝やるのが気持ちいいのですが、一人だと続けられないのはなぜでしょう。笑


呼吸法や身体を整えるクラスもやりたいなあ~。
リクエストがあったら連絡下さい。

笹塚自然療法室
京王線/都営新宿線 笹塚駅 徒歩3分
◆お問合せ
 電話    050-3690-4520
 e-mail   soudankai@gmail.com
[PR]
by sato425 | 2013-01-30 09:00 | 身体/健康法
<< 家の中で大事にしている場所はどこ? 感受性を育む幼稚園 >>