雨の日はどんなふうに過ごしますか?

10月後半に沖縄は八重山地方の離島に行ってきました。

船に乗るのが大好きな笹塚の自然療法家、佐藤友子です。

西表島に渡った日のこと。
この日はあいにくの天気で、海好きの私としては、もし海がだめならどうしようかと迷っていました。

b0275590_393063.jpg


西表島に詳しい友人に、雨のときはどこに行ったら遊べるかメールで尋ねたところ、

『雨やったら何もしないかなあ

雨の日は道に貴重な生物が出てくるかもしれないよ』


自然に逆らわない。
雨なら何もせずにのんびり過ごす。

晴れていても、風がふくとすぐ船も欠航になったり。
自然に逆らって無理してもいいことはない、ということ。
(これで帰りの船が危ういことになったのですが・・・)

本当はそんな風にいきたいけれど、なかなか来られないので、そんな余裕の境地まではいまだ至れず・・・
せっかくのんびりしたところまで来て、のんびりできないのが都会人の悲しい性でございます。涙

雨でも海に入れば濡れるのは同じこと。
少し波はあったけれど、結局一番静かそうな船浮のイダの浜に行くことに。

西表島の最果て、船浮。
他の離島とは異なる、島々を望む景色がなんともいえず。

夕方浜まで散歩していると、帰りの道すがら、西表島と石垣島に生息するセマルハコガメという陸ガメに遭遇しました。

b0275590_37718.jpg


友人の言った通り。
雨の日には、雨の日の楽しみ方があるのです。

昔は東京でも雨の日はカタツムリやカエルやら、よく見かけたものですが、最近ご無沙汰です。
どこへ行ってしまったのやら。
車に轢かれてつぶれたカエルすら懐かしい。笑


それにしても

世界のうちでお前ほど、歩みののろいものはない~♪

などと唄ったのは誰ですか?
このカメ、ものすごい速さで逃げていきましたよ。

b0275590_3152780.jpg


自然に逆らわない生き方。

それが心身の健康の秘訣。

もう少しそんな心の余裕を持てるといいな。
[PR]
by sato425 | 2012-11-14 09:00 | 環境/暮らし
<< 退化していません? ホメオパシー勉強会@石垣島 >>