畑は空襲のあと

今年は初めて畑に挑戦。
笹塚自然療法室の佐藤友子です。

4月の後半にキャンセル待ちで
借りた市民農園。
周りの畑に出遅れて、
試行錯誤しながら種を蒔き。
b0275590_14124278.jpg
6月9日時点
周りの畑は実り始め収穫も間近な中、
うちもようやく支えの棒をたてようかと
思っていた頃。

そんな6月末に実家に帰ると妹が、
『畑大丈夫だった?』
『・・・何が???』

ほどなくして市から、
畑の雹の被害の後片付けをせよとのはがき。

確かに最近雹が降ることもあったが。
b0275590_14130709.jpg
畑に行ってみると、
そこはまるで空襲の痕・・・
青々と茂っていた畑が見るも無惨なありさまに~


6月9日
b0275590_14125412.jpg
残るは竿だけ↓7月10日
b0275590_14130160.jpg



ショックというより、
お見事!

育ち始めた野菜たちの茎はもう
銃弾を浴びたかのようにズタボロ。

自然の力って凄い。
適いませんわ。

後でyoutubeで当日の雹のニュースを見てびっくり。
b0275590_14261586.jpg

こんなところもあったらしい。
b0275590_13560944.jpg
この冬積もった雪景色のような有様。
でもよく見るとビー玉のような氷の玉。
b0275590_13552997.jpg

でも何か必要があって
あの畑にも雹は降ったのだろう。

ううむ。








[PR]
by sato425 | 2014-08-30 14:37 | 食べ物/農
<< 2014年9月石垣島の講座&セ... 2014年9月 石垣島での講座... >>